トルコ8日間の旅 その2

ドバイから4時間半程のフライトで、
トルコのイスタンブール・アタチュルク空港に到着。
a0104162_22455293.jpg

迎えて出ていた 現地ガイドさんと合流。早速バスに乗り込ツアー開始。
トルコのツアーといえば、バスでの移動が長いのが難点。
欲張って、一度に色々見て回ろうとするから・・・。
心配したバスは、メルセデスの大型のデラックスバス。このお陰で
道中の長距離移動も楽に過ごせました。
a0104162_2246051.jpg

西に向かい市内を抜けると、郊外の住宅地へ。
a0104162_2246745.jpg

それも抜けると、今度は見渡す限りの丘陵地。延々と続いています。
a0104162_22461820.jpg

↑見えているのは、マルマラ海。この海に沿ってしばらく走ります。
この辺りにも沢山の家が並んでいるのですが、みんな素敵な家ばかり。
どの家にもバラが植えてあり、玄関に半円のアーチがつけてあります。
そしてそこに、色とりどりのバラが絡めてあり、またどの家も同じく
ブドウが絡めてあります。
a0104162_22462440.jpg

トルコはこちらもまたバラの栽培で有名なブルガリアと国境を接しています。
ですから、ある程度期待を持ってきたのですが、予想以上にごく当たり前の
様にバラが植えてあり、何だか嬉しくなってきました。
基本的にはハイブリッドやフロリバンダ系。
幹線道路沿いにも、園芸屋さんというか、苗屋さんが多くあるのにも
驚きました。かなりの『ガーデニング好きな国』と見た!!
a0104162_22463040.jpg

そしてまた、ひたすら牧草地帯の丘陵地を横目に走って、
海の側の街までやってきました。
今日の夕食は、海の見えるレストランにて。
a0104162_22493451.jpg

スープは豆と野菜のスープ。
a0104162_22494225.jpg

メインのお魚はサバでした。春巻きみたいなのは、白チーズの春巻きシガラボレイ。
魚はホクホクでおいしかったです。
a0104162_22494822.jpg

レストランの近くから、バスごとカーフェリーに乗り込みダータネルス海峡を
渡ります。30分ほどで対岸のアジア側へ。
その後バスはエーゲ海に面した港町の方へ。
a0104162_2249557.jpg

フェリーの上からの景色はとってもキレイでした。
この時期サマ―タイムを導入してはいるものの、夜9時くらいまで
明るいです。
a0104162_22463662.jpg

↑レストランのショーケースに並んだ魚。私達の食べ慣れてそうな
魚が並んでいました。海に囲まれているから、シーフードもおいしい。

その後また少し走り、今宵の宿、エドレミッドにある
『サルハンテルマルホテル』に到着。
やっとお風呂に入れる~。うれしい~。
バスタブも大きかったので、湯をいれることに。
なんと、硫黄の匂い?? 温泉が出てきました。
温泉地に来た気分でかなり癒されました。
(確認してないけど、温泉だと・・・思う・・・。)
日本を出発して、24時間以上・・・。やっと足を伸ばして眠れる~。
もちろんホテルは快適。2人とも即効眠りについたのでした。

その3 へ続く。
[PR]
by mielog | 2010-06-03 23:25 | トルコ旅行

犬 猫 うさぎと暮らす、みーにより徒然なるままに書き綴られたブログ。お庭のバラも紹介しています。


by mielog
プロフィールを見る
画像一覧