カテゴリ:旅行( 24 )

旦那さま in PALAU

先週末、旦那さまは嬉しそうに大きなカバンを持って、
ウキウキとセントレアに向かいました。

私とアール先生、それにナナちゃんはお留守番部隊です。
a0104162_20403520.jpg


行先は、パラオ共和国。
カバンの中にはダイビンググッズ。

数日の有休と土日を挟んで、ボードダイビングのツアーにでかけました。

子供の頃から、熱帯魚が大好きだった旦那さま。
世界屈指のダイビングスポットである、パラオは、まさに憧れの場所。
a0104162_20405080.jpg

海の上に停泊する、こちらのボートで寝泊まりをし、ダイビングに明け暮れるのです。

a0104162_20405954.jpg

↑ヨスジフエダイ
a0104162_204164.jpg

↑ブラックフィンバラクーダ (カマスの仲間ですね)
a0104162_20411029.jpg

↑グレイリーフシャーク
a0104162_20411870.jpg

↑マンタ
a0104162_20413151.jpg

↑ブルーホール
a0104162_20413659.jpg

↑ナポレオンフィッシュ
a0104162_20414116.jpg

↑ガイドさんにすごく懐いているようで、「遊ぼう、遊ぼう」とやってきます。
a0104162_20414623.jpg

↑湖にいるジェリーフィッシュ
a0104162_20415178.jpg
a0104162_20415557.jpg

↑ミルキーウェイ

素晴らしい時間を過ごしたようです。
よい経験が出来てよかったね。

全員、定年してからダイビングを始めたという、年配の方たちとご一緒したそうで、
皆さん、若くて60代、東大の教授をされていたという方は75歳だったそうです。

人生の良き先輩とご一緒できて、よいエナジーを貰えたようです。

第二の人生でダイビング。素敵です。


そんなころ、日本では・・・
a0104162_2042698.jpg
a0104162_20421045.jpg
a0104162_20421775.jpg


久しぶりに、「雪下ろし後の出社」でした。

旦那さまが帰って来たら、アールもナナもうれしそうでした。

私だけだと内心不安なのかもしれない。(笑)

続きで また動画もアップしたいと思います。
[PR]
by mielog | 2015-03-12 21:01 | 旅行

平湯温泉

またまた温泉行ってきました。

今回は、旦那様がこの時期、会社では『予算』の時期なので、
結構忙しい・・・。毎日10時過ぎ、休日も出勤して頑張っていましたが、
ようやく一段落したので、「温泉にでも行こうか?!」と言ってくれました。

ちょっと遠出して、奥飛騨温泉を目指します。
お昼過ぎに家を出ました。

途中のSA、お決まりのコースですね。
正面はスキー場。今年は雪が多いので奥美濃でも十分楽しめそうです。
a0104162_23124368.jpg

滑りたいのは山々なのですが、今回は温泉だけ。

かなり雪がたくさんありました。

a0104162_23131254.jpg

オラフ・・・。

a0104162_231386.jpg

かまくらが作ってあって、その中に飾ってあった置物に興味津々。
おもちゃだと思って咥えたそう~にしてました。(;'∀')

a0104162_2313342.jpg


a0104162_23125979.jpg


a0104162_23125559.jpg


今回は、ひらゆの森の温泉に入り、ゆっくりしてきました。あちらはまだ雪深く
別世界でした。

a0104162_2313162.jpg


アールもロングドライブお疲れさま。
帰ったら、ナナのクッションを無理やり独り占めして爆睡してました。
a0104162_23132115.jpg

売店で奥飛騨温泉の湯の花を購入。
硫黄化合物の匂いはほとんどしませんが、温泉気分を味わえます。
毎日これで楽しんでます。

キャンピングカーがたくさん来てたな~。
羨ましい!!
[PR]
by mielog | 2015-01-27 23:24 | 旅行

舞鶴から天橋立へ

絶好の行楽日和だった3連休初日の土曜日、
母と2人で日帰り旅行に出かけて来ました。

アール先生は、旦那さまとお留守番。
実家の岐阜県からスタート。303号線を抜けて滋賀県に出ます。
そこから北陸自動車道に乗り、舞鶴若狭自動車道を西に向かいます。
小浜まで開通してから初めて走るので楽しみでした。

最初に寄ったのは、舞鶴にある
 「道の駅」舞鶴港とれとれセンター
a0104162_21022.jpg
a0104162_210439.jpg

ここの海鮮市場では、沢山の鮮魚店が並び、そこで買ったものを
フードコート(机と椅子が並んでるスペース)で食べる事が出来ます。
a0104162_2101442.jpg

色んな店でそれぞれ気に入ったお刺身などを購入。殆どのお店が、海鮮焼き(その場で
焼いて欲しいものを選んで、お店で焼いて貰える)をしていて、良い匂いが漂っています。
丁度お昼時で混んでましたが、何とか2人の席を確保。お隣に座ってみえた
ご家族が常連さんとのことで、色々教えて下さいました。
ごはんとお味噌汁だけを買う事が出来るお店がある・・・ですとか、
そのご家族は、おにぎりやおかずを持参して、豪華な海鮮焼きを頼んで食べてみえました。
私達は、お造りと大きな岩ガキ。そしてその大きな牡蠣で作った牡蠣フライを食べました。
a0104162_2101485.jpg

どれも美味しくて、色々なものが食べられて楽しかったです。
お土産に干物を買いました。
屋外にもテーブルセットがあるので、ワンコ連れでも食事を楽しめると思います。

豪華な昼食に満足して、とれとれセンターを後にすると、
道中、『クルーズ船寄港中』の看板が!!
何~?クルーズ船???
以前よりブログでも書いていますが、『世界の船旅』や『豪華客船の旅』なるBS番組を
かじりついて見ている私としては行かない訳にはいきません。

早速、クルーズ船目指して行くと、ぱしふぃっくびいなす が寄港していました。
どうやら、京都府民だけ限定で、しかも事前予約した方のみ、内部の見学が出来るとのこと。
残念ながら中には入れませんでしたが、一度は船旅をしてみたいな~と改めて
思った 小市民な私でした。

その後、この旅のメインである
籠神社(この じんじゃ) へ向かいます。
a0104162_210247.jpg

籠神社は元伊勢籠神社とも呼ばれ、伊勢に遷る前の社であったと言われています。
奥宮・真名井神社は外宮の旧鎮座地と伝えられます。
a0104162_210253.jpg


神社のすぐ隣は、笠松公園のリフト&ケーブルカー乗り場となっております。
反対側の天橋立ビューランドには、以前両親と、ティッピを連れて行った事がありますが、
今回は反対のリフトにのり、絶景を眺めたいと思います。
a0104162_2103598.jpg

こちらからの眺めもなかなか。お天気も良く綺麗に見えました。
ちなみに、ワンコは、リフトだと抱っこして載るか、ケーブルカーだと
中型犬までで指定の大きさのケージに入れれば一緒に登れます。
残念ながら、アール先生は大きいので抱いてリフトに乗るのは無理と思われます。(^_^;)
a0104162_2103515.jpg

帰りも絶景を見ながら降りてきます。時間が無くて
成相寺は参れませんでした。
a0104162_2104676.jpg

再び下に降りてきた後は、奥宮の真名井神社に参拝。
ここはパワースポットとされていますが、なるほど、空気感が違うというか、
霊的な感じのする場所でありました。
ご霊水を組んで持ち帰り、旦那さまやアール、ナナ、それにももの霊前にも供え、
みんなで飲みました。
その後、天橋立ワイナリーに立ち寄りました。私がドライバーの為、残念ながら
試飲はできませんでしたが、美味しそうなワインが売られていました。
陽が落ちるまで天橋立に居て、その後帰途に着きました。
a0104162_2104652.jpg

途中、藤橋の湯でお風呂に入り、締めのラーメンを食べて、
長くて遠い、日帰り旅行は終了と相成りました。
a0104162_2105754.jpg

舞鶴若狭自動車道が開通したおかけで、丹後地方がぐっと近くなった気がします。
盛りだくさんで、楽しい旅行でした。
また、どこかにでかけたいと思います。
[PR]
by mielog | 2014-09-16 21:49 | 旅行

仁和寺の御室桜と原谷苑の桜

妙心寺からタクシーで、仁和寺まで移動。
あまりの混雑ぶりにパトカーまで出動。
a0104162_21122532.jpg

門をくぐり中に入って驚きました。
拝観の為の券を買うのにも列をなしています。
a0104162_2112142.jpg

平安の風情を残す御殿を拝観し、
a0104162_21123956.jpg

満開の御室桜を見に行きました。
a0104162_21123175.jpg

写真にはありませんが、人の波に流されながら 桜の間の遊歩道を歩きます。
すごい人出です。
a0104162_21125767.jpg

でも、見てみたかったのでとても良い状態で見られて本当に良かった。
a0104162_21124516.jpg


そして、仁和寺を後にしてタクシーで向かったのは、
原谷苑という桜の名所です。
実は前日、二条城から乗ったタクシーの運転手さんから、お勧めの桜スポットと
して教えて頂いた場所です。
a0104162_21131625.jpg

行ってみると、なるほど素晴らしい景色でした。
山一面に桜が植えられており、多くの方が見に来られていました。
a0104162_2113537.jpg
a0104162_21133085.jpg

私達は知らない場所だったので、今回タクシーを多く利用したので、運転手さんと
色々お話する機会もあり、色々教えて頂いたりして楽しく巡ることが出来ました。
a0104162_2113177.jpg

春の京都、 紅しだれ桜を満喫して、家路につきました。

今回、春の京都旅行でしたが、なかなか良かったです。
また是非桜の時期に訪れたいなと思います。



[PR]
by mielog | 2014-05-09 17:16 | 旅行

岡崎神社と妙心寺

前回の投稿から随分間が空いてしまいましたが、
京都旅行記の続きです。

私達の宿泊したホテルの横にあった神社です。
2日目のチェックアウト時に何気に寄ってみたところ、
a0104162_2195034.jpg

なんと、狛犬ならぬ、狛兎さんが居るではありませんか!?
a0104162_2110632.jpg

そして垂れた耳を見て思わず もも を思い出してしまいました。
母と「ももちゃんが、こんな所で待ってた~」と言い、
神社の境内で大泣きしてしまいました。(苦笑)
a0104162_21103892.jpg

耳の垂れ具合と大きさが、ロップの子に思えません??
ここは、縁結び、安産に御利益のある 岡崎神社 で、神の使いとして兎が
祀られていたのでした。
a0104162_2110297.jpg

a0104162_21101739.jpg

いや~こんなところで、兎さん(もも)と再会出来て嬉しく思いました。
これも何かのお導きでしょうか???
a0104162_2110544.jpg


さて、宿を出て最初に訪れたのは、 妙心寺 です。
a0104162_21104385.jpg

実家の宗派の総本山にあたるこのお寺には、私の祖父母が眠っています。
そして、ももの葬儀に際し、快く読経を引きうけて下さったお寺も 縁合ってか
こちらの宗派でしたので、是非お参りがしたかったのです。
a0104162_21111131.jpg

お寺の境内にはいくつもの塔頭があります。
中に入り最初に 通年公開されている退蔵院に入りました。
a0104162_2111182.jpg

ここでも紅しだれ桜が綺麗に咲いていました。
a0104162_21112781.jpg

そして拝観料+500円で ここでもお抹茶を頂けました。
a0104162_21111936.jpg

a0104162_21114435.jpg

お庭を見てまわり。
a0104162_21113143.jpg

有名な『瓢鮎図(ひょうねんず)』 (模本)を見てきました。
a0104162_21115936.jpg
a0104162_21114772.jpg
a0104162_21121248.jpg

そして有名な 法堂にある 天井の雲龍図。
あいにくこの日は、大きな法要が営まれており、中に入って見ることは叶いません
でしたが、外からそっと拝見しました。
かわりに浴室(明智風呂)や大庫裡(昔のお台所)など見せて頂きました。
ここでも、昔の職人さんが遊び心で作った瓦の兎(なぜかロップ風)が居たり、
再び ももの存在を感じました。(笑)

つづく。
[PR]
by mielog | 2014-05-08 21:04 | 旅行

二条城と平安神宮

御所から二条城までは、ほんの目と鼻の先。
車をそのまま駐車場に置き、タクシーで二条城へ向かいました。
a0104162_21245149.jpg

昨年修復が終わって色鮮やかに修繕された唐門をくぐり、二の丸御殿へと入ります。
a0104162_21245813.jpg

二条城は小学生の修学旅行以来です。
うぐいす張りの廊下も、「こんな広かったかな~」と懐かしく歩きます。
ここでもやはり、狩野探幽作と言われる障壁画などが見ものです。
ゆっくり御殿を見て周り、庭に出て本丸御殿の横を通り、天守閣跡に登ります。
a0104162_2125723.jpg

お庭の桜がとってもきれいです。
この時期、二条城は夜のライトアップをしているようで、きっと夜も素敵だろうなと
思います。

a0104162_21251636.jpg
a0104162_212522100.jpg

ゆっくり存分に見て回ったあとは、再び御所に戻り、駐車場から車を出すと
早速ホテルへ向かいました。

今回の旅行のメインのひとつが、平安神宮で催される「平安神宮 紅しだれコンサート2014」
でした。4日間行われるうちの、2日間は 雅楽師の東儀秀樹さんが演奏されます。
せっかくだからということで、母が自宅から2人分の着物を一式持ってきてくれました。
どちらも、桜の柄が入っていて、この時期にピッタリ。ホテルで着替えて、夜のコンサートに
出かけます。

a0104162_21253272.jpg

ホテルに着くと フロントの方が「和室を備えたお部屋にアップグレードさせて頂いて
おります・・・」とのこと。(驚)
このハイシーズンに、しかも3部屋しかないスイートにアップ。
なんとラッキーなっ!! 
a0104162_21253830.jpg

さっそく和室に着物を広げて、広々着付けができました。
それにしても、まるで着物を持って行くのを知っていたかのようなホテルの計らい。

でも、母を2人で旅行すると 時々こういうラッキーな出来事があります。
以前、2人でイギリスに旅行した帰国便、途中トランジットのある便だったのですが、
経由地から日本まではいつの間にかビジネスクラスのシートにアップグレードされていました。
お盆最終日だった事もあり、きっとエコノミークラスのオーバーブッキングだったんだと
思います。にしても、何の説明もなく、しかもディスカウントチケットで搭乗していた私達
母娘がアップグレードなんて、ほんとラッキーでした。

母との旅行はお天気にも恵まれるこのも多く、今回もそんな感じです。

さて、残念ながら私は自分で着付けられないので、母に着せて貰い、
母は私のつたない手伝いで何とか着物を来て、平安神宮に向かいました。

到着すると、もうすでに多くの方が並んでみえました。
a0104162_21254691.jpg

一般の参拝を終了して、一旦門を閉めたあと、改めてコンサート客を入苑させるのです。
良い場所を取るために、早くから列に並んでるのだそうです。
初めて参加の私達はそんな段取りも良く知らず、しかも着物に草履ばきですから、
開門と同時にスタートダッシュできません。(汗)
a0104162_21255554.jpg
a0104162_212611.jpg

入場すると、まず南神苑の方に行き、太極殿の前を通り、やっと東神苑の会場へ
行くようにルートが決められています。
a0104162_21261283.jpg

人の波に流されて、夜桜見物もそこそこに、池の側へとやってくると
もうコンサートが始まっていました。
a0104162_21261999.jpg
a0104162_21263024.jpg

ライトアップされて、浮かび上がる紅しだれ桜と、響き渡る雅楽の音色。
池の前の舞台上で、まるで平安の若い貴族を思わせる狩衣の衣装を身にまとい、
雅な音色を響かせる 東儀さんが全ての女性のハートを鷲ずかみといったところでしょうか。(笑)

うまい具合に、舞台を池で囲まれていて、揺れるしだれ桜の枝の隙間から、
雲上人を眺めるといった感じで、なんとも幻想的でありました。
a0104162_21263791.jpg

池に映った桜も必見。昨年より今年の方がちょうど見頃だったそうな。
京都を着物で旅行してみたいと思っていましたが、とっても良い機会でした。
しかも、桜の柄は今しか着れませんし、着られて良かったです。
夜で涼しかったのも良かったかもしれません。
また機会があれば、「着物で京都」に行きたいと思います。
a0104162_21264538.jpg

平安の夢の夜に迷い込んだような、甘美な一時を過ごし、夢心地でホテルに帰る
2人でした。
[PR]
by mielog | 2014-04-21 22:01 | 旅行

2014春 そうだ、京都行こう

4月11日~12日、母と2人で桜満開の京都を旅してきました。

『仁和寺にある御室桜が見たい!』私と、『平安神宮で行われる紅しだれコンサートの
東儀秀樹さんが見たい!』という母との2人の思惑が一致し、
この度、京都へ出かけた次第です。

私の運転でまず最初に向かったのは、春の一般公開が催されている
『京都御所』へ。春と秋の2回、それぞれ5日日間程一般に公開される為
すごい人出でした。普段でも宮内庁に事前申し込みをすれば、見学する事は
可能なのだそうです・・・。

a0104162_21573761.jpg


外国の方の多さに驚きました。
a0104162_21574817.jpg

御車寄
a0104162_21574723.jpg

a0104162_21575733.jpg

承明門
a0104162_19402199.jpg


紫宸殿
a0104162_19395596.jpg

御池庭
a0104162_19404170.jpg

小御所
中の襖絵などもしっかり拝見できます。
a0104162_19401658.jpg

桜の前で。(モデル:母)
a0104162_19434388.jpg

御茶席もあり、御抹茶を頂く事ができます。
a0104162_1943418.jpg

御所でお茶を頂けるなんて・・・・しかも、恐れ多い茶碗で。
a0104162_194404.jpg

御所をゆっくり見学した後は、二条城へ向かいます。

つづく。
[PR]
by mielog | 2014-04-16 19:51 | 旅行

アクアイグニス日帰り旅行

昨日 旦那さまと母とアール先生と一緒に
三重県の湯の山にある アクアイグニス
行ってきました。
母と大垣で合流した為、岐阜県から山越えをして三重県に入りました。
御在所ロープウェーも紅葉が見頃だろうからと
行こうとしましたが、大渋滞だったので、途中で引き返してきました。
a0104162_21582897.jpg
a0104162_21592883.jpg

オープン当時からローカル番組でよく紹介されているので
行ってみたいなと思っていましたが、今回行けて良かったです。
a0104162_21584027.jpg

ワンコも連れていけるのでアールも少し敷地内を散策。
a0104162_21593767.jpg

メインの温泉に入る前に、辻口シェフのケーキを頂きました。
美味しかった。
a0104162_21585036.jpg

温泉棟はとてもおしゃれで言ってみれば
デザイナーズ温泉と言ったところでしょうか。
とにかく、おしゃれで綺麗。
備付けのシャンプー類も辻口ブランドでした。
お湯の温度は高めで、ほんのり硫黄の香りがしてつるつるします。
パウダールームも広くて綺麗で言うこと無しでした。

お風呂上がりには、琉球畳が敷かれた休憩所にクッションが置かれていて、
みんなそれに寝転がり、寛いでました。

私達もしばしそこでうたた寝。

入り口で再入場の手続きをすればまた入れるのがありがたい。

ベーカリー棟でパンを買って、外で食べました。

帰り道、岐阜県の養老にある焼肉街道へ・・・。
お目当ては 「焼肉藤太」です。

お店で名前を記入して待ちます。この時点で最低でも1時間以上待ち(30組)でしたので、
車を走らせ、別の精肉店へ。
ここ養老は、飛騨牛など良いお肉がとてもお値打ちに買えます。
a0104162_21594842.jpg

1時間半待って、やっと食べれた焼肉は、やはりお値打ちで美味しかったです。
皆さん並ぶの分かります。
他県など遠方からも来てるみたいです。お隣のご家族も
「遠くまで来た甲斐があったね・・・」なんて話されてました。
焼肉街道沿いの他の焼肉店も駐車場満車でした。
すごいですね~。
a0104162_2159146.jpg

温泉も焼肉もどちらも初のお店でしたが 、最高でした。

いつもながら、スポンサーの母と長距離運転の旦那さま
ありがとうございます。

感謝感謝。
[PR]
by mielog | 2013-11-03 22:14 | 旅行

お伊勢参り  後編

夜も結構暑くて、母とおばは寝苦しく全然眠れなかったらしい。
私はというと、どこでも寝られるという特技(?!)のお蔭さまで
まあまあ眠れました。
朝風呂を頂いて、身支度を整え、朝食の時間です。
a0104162_19481651.jpg

民宿ならでは・・・ですが、前日の伊勢海老のお造りの殻が味噌汁になって
出て来て、舟盛りの平目もアラの煮つけとなって出てきました。
旅行の朝ごはんってとっても美味しいですよね。前日あれだけ食べたのに・・・(^_^;)
a0104162_19483543.jpg

お世話になった民宿の前で。宿の皆さまもとってもフレンドリーでよいお宿でした。
a0104162_19485561.jpg

宿の近くの海産物屋さんに立ち寄り、
a0104162_19492832.jpg

これまた宿の近くにある、女性の願いなら一つは叶えてくれるというパワースポット
『石神さん』へ。朝早い時間でしたが結構混んでました。
紙に願い事を書いて、それを箱に入れてお参りします。お守りも買いました。
海女さんの守り神だそうです。
a0104162_19502113.jpg

その後、二見に移動して 夫婦岩を観光。
同じ場所にある二見シーパラダイスへ。宿で半額券が売っていたので、
特に旅行の予定にはなかったのですが寄ってみることに・・・。
しかし、これが想定外にインパクト大でした。
a0104162_19481287.jpg

館内に入るや、何やらショーの案内のアナウンスが。促されるままに行くと、
そこではセイウチのお散歩ショーが。
a0104162_1951542.jpg

境界線なしで、セイウチが目の前で色々してくれます。目以外ならどこを触っても
OKとのこと。口に手をいれても良いのだそう(@_@)
a0104162_19511093.jpg

これが、もうとにかく、可愛い!!タンポポちゃんとひまわりちゃんだそう。
a0104162_19511551.jpg

セクシーポーズから、投げキッス。お手手を叩いたりと芸が凄い。
a0104162_195119100.jpg

もう完全に前日のお伊勢さんが吹っ飛ぶくらいの強烈なインパクトでした。
a0104162_19513467.jpg

一緒に写真も撮らせて貰えます。ちゃんとカメラ目線。
彼女達のプロ根性に脱帽です。
a0104162_19544415.jpg

他にも、アシカや、
a0104162_19543383.jpg

イルカ。
a0104162_1955686.jpg

トドは、外のプールに居るので入館料なしてショーが見られるという勿体ないお話。
a0104162_1957246.jpg
a0104162_19562897.jpg

そして、ここでも暑かったので赤福のお店で『赤福氷』を。
a0104162_19545611.jpg

おいしく頂きました。
a0104162_19575120.jpg

最後は地元に戻り、松坂牛が食べられなかったから・・・と
飛騨牛を食べお開きになりました。

スポンサーの母に感謝。
お姉ちゃん(←おばの事を物心ついた時からこう呼んでます)と一緒に旅行出来て
楽しかったな~。
またこの女旅企画して行きたいなと思います。

母とお姉ちゃんが元気で居てくれるうちは、私が運転手、兼旅行手配係となって
旅行に行きたいと思います。



[PR]
by mielog | 2013-09-28 20:58 | 旅行

お伊勢参り  前編

この3連休、金曜日に休みを取って、
式年遷宮で話題のお伊勢さんへ、 母とおば(母の妹)と私の 女3人詣にでかけました。
天候に恵まれ、暑いくらいの陽気でした。
a0104162_22245849.jpg

正式な参拝は外宮から参るようなので、今回はまず外宮に寄りました。
いつも閑散としたイメージですが、さすがに人出が多いです。
無事にお参りを済ませ、内宮へ。しかし、駐車場が満車。予想はしていましたが
人も車もいっぱい。今まで停めた事のない、猿田彦神社の方の駐車場に停めて
そこから、内宮の門前町 「おはらい町」をてくてく歩いきました。
沿道には美味しそうなお店が並んでいますが、先にお参りを済ませてから・・・と
通り過ぎます。
a0104162_22254295.jpg
a0104162_22252331.jpg

五十鈴川にかかる宇治橋を渡ります。
a0104162_2226440.jpg

正宮の新旧二つの建物が並んでいるのが見られるのは今だけ。遷宮が終了すると
古い方は解体されてしまいます。
外宮・内宮どちらも、今だけ新旧両方のお社が並び、とっても珍しい光景です。
この次それが見られるのは20年後。なんだか不思議な気がします。
来月初めの遷宮の儀式用にでしょうか、屋根が作られていたり、レアな光景が広がります。
a0104162_2225543.jpg


ここでも無事お参りを済ませ、もと来た道を戻ります。
途中で、お目当ての伊勢うどんを「岡田屋」さんで頂きました。
a0104162_22262855.jpg

その後、赤福で夏限定の「赤福氷」を頂きました。中に赤福餅が入っています。
美味しかった。

そして、今宵の宿へと向かいます。
宿は、相差というところにある民宿。この辺りは、良質で料理自慢の民宿が犇めいていて、
美味しい海の幸を食べるなら「相差」が一番なのです。

しかも、幸運にもちょうど1週間前に第二伊勢道路が開通し、伊勢から最短で30分程で
行けるようになったばかりでした。

宿に到着して、さっそく貸切風呂に入りました。
a0104162_2226510.jpg

そして、お待ちかねの夕食。
アワビ。サザエ、ヒラメやアオリイカの舟盛りの他に、アワビグラタンや揚げたての
大エビの海老フライ、せいろ蒸しや、伊勢海老の活造り・・・などなど他にも沢山
食べきれない程のボリュームがありました。

a0104162_22263997.jpg

どれもとっても美味しかった。
a0104162_22261660.jpg

締めは ウニが沢山入った うに釜飯。
a0104162_22265091.jpg

デザートも頂き、お腹満腹。
しばし日常を忘れ、とっても楽しい時間でした。

部屋に戻りもう一度お風呂に入って、女三人の鳥羽での夜は更けてゆくのでした・・・。

つづく。
[PR]
by mielog | 2013-09-26 22:49 | 旅行

犬 猫 うさぎと暮らす、みーにより徒然なるままに書き綴られたブログ。お庭のバラも紹介しています。


by mielog
プロフィールを見る
画像一覧