「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

子猫レスキュー

a0104162_21201165.jpg


琵琶湖での水遊びの後、実家に寄り道。
数日前、両親が仔猫を拾ってしまった・・・とのこと。(^_^;)
「ブサイクだけど、誰か飼ってくれる人いないかな~」と
メールが入ったので、実物ちゃんに会いに行ってきました。
ほんと、ブチャイクだわ・・・。(笑)
ブチャイクの先輩、クロちゃんもびっくりなほど。
a0104162_2126414.jpg

やせっぽっちで、目の周りは目ヤニでカピカピになってたようです・・・。
でも、すごく人懐っこくて、アールにも物おじしません・・・。
a0104162_2127873.jpg

アールともすっかり意気投合(!?)し、ペロペロ舐める先生でした。
a0104162_21274454.jpg

去年の今頃も、実家に仔猫が来ましたが、残念ながら死んでしまいました。
今度は、元気に大きくなるといいけど・・・。
a0104162_2128469.jpg

きっと誰も貰い手ないんだろ~な~
このままお父さんが飼うんだろう~な~

私も子供の頃からよく動物を拾ってきましたが、
間違いなく”DNA”だということがよく分かりました・・・。

ということで、どなたか仔猫を飼ってくださる方みみえましたら
ご一報ください。よろしくお願いします。
[PR]
by mielog | 2010-08-31 21:19 | アール | Comments(2)

琵琶湖でワンズの水遊び

去年も行きましたが、今年も皆さんと
滋賀県マキノ町にある、マキノサニービーチに泳ぎに行ってきました。

ここは、ワンの水泳場があるキャンプ場なので、
ワン連れのキャンパーが沢山みえました。

あいにく、お仕事の忙しい旦那様は休日出勤。
私とアール先生とで参加です。

現地集合なので、一宮ICから名神に乗り、ロングドライブです。
高速運転するの久しぶりだし、アールと2人だけで遠くまで
行くのもちょっと不安でしたが、何とか無事行けました。
(一宮ICからして、大渋滞で焦りましたが、JCTを抜けると
順調でした。)
片道100キロ程でしたが、お昼頃到着~。
a0104162_184531.jpg

早速琵琶湖で泳ぐアール先生。
a0104162_185495.jpg

さっそく他のファミリーに懐く先生・・・。
a0104162_1851285.jpg
a0104162_1852058.jpg

そして、他の子のおもちゃを取りに行くアール。
a0104162_1852873.jpg

久々にみんなと遊べてハイテンションのアール。
a0104162_1853740.jpg

松の木陰は爽やかで心地良い。
a0104162_1854512.jpg

繋いでおいたら、ギャンギャンと吠えてうるさい・・・。
a0104162_185549.jpg

ココアちゃんのパパが釣って来た天然物の鮎を
贅沢にも七輪の炭火で焼いて下さいました~。
しかも、わたくし2匹も頂いてしまいました。ほんと、美味しかった!!
それに、アールにも沢山下さって、
好き嫌いの激しいアールが、大喜びでバクバク食べてました。
嬉しいね~。
a0104162_186213.jpg

泳いで、休憩して、また泳いで・・・。
左は、アールがこの日ストーカーした クルミちゃん。
『ボクと遊ぼう~』と、とにかくしつこいのなんのって・・・。
クルミちゃん、ゴメンさないね~。
a0104162_186176.jpg

レト率高し・・・。
a0104162_1862527.jpg

アールも楽しかったけど、私も楽しかった~。
a0104162_1863463.jpg

お世話になった、
レオくん、ココアちゃん、パインちゃん、ハヴィちゃん、ジルくん、シンバくん、
ラブちゃん、マロンちゃん、クルミちゃんこのみちゃん・・・ファミリーの
皆さま ありがとうございました。
[PR]
by mielog | 2010-08-29 18:46 | アール | Comments(7)

ココアちゃん&ななちゃん&アール

写真をUPしようと思ってて、気づいたら1週間経ってた・・・。
なんかもう、8月って忙しい。

先週末の様子。
朝からななちゃんと遊んだアールさん。
夕方には、ココアちゃんの嬉しい訪問があり、
またまたお庭で遊びました。

a0104162_5365871.jpg

ココアちゃんとアールが遊ぶ様子を、お隣のななちゃんも
羨ましそうに鳴きながら見てたので、一緒に遊ぶ??と誘いました。

そして、ココアちゃん&ななちゃん&アール集合。
両手に”花”のアール先生は、大喜びでテンション上がってました。
a0104162_53789.jpg

別にアールがモテてるって訳では全然ないんだけど、
やっぱり女の子同士はライバル意識があるのかしら??
アールがモテモテ男に見えるから不思議~。爆)
a0104162_5371986.jpg

でもね、アールはなんだかんだ言っても、
ココアちゃんが大好きなんです・・・。
a0104162_5372639.jpg

良い笑顔♪
a0104162_5373548.jpg

今週もおデートです。嬉しいね!!
a0104162_5374479.jpg
a0104162_5375435.jpg
a0104162_538544.jpg

そして、いつも新鮮なお野菜を運んでくださるココアママに感謝です。

↓この日の朝の様子。延々とお庭でこんな感じ・・・。

[PR]
by mielog | 2010-08-28 05:49 | アール | Comments(2)

トルコ8日間の旅 番外編 3

今年120年の節目を迎えるエルトゥールル号事件の
後日談がある・・・と書きましたが、
この事件がいかにトルコの人々の記憶に深く刻まれているかを
知らしめた出来事があります。

それは・・・
イランイラク戦争の真っ只中、1985年3月のこと。
益々戦火が激しくなった3月17日。イラクのサダム・フセインは
次のような声明を発表した。
『3月19日午後8時をもって イラン上空を航行する飛行機は
全て撃墜する―』
それは、軍用機だけで無く民間機も含まれる事を意味していた。

すぐさま、イランに駐在する外国人は出国の準備を始め、
テヘランの空港に殺到した。現地で働く日本人駐在員とその家族も
多くいたが、自国の国民を優先に次々と搭乗させ出国して行く
外国の航空機。この時、日本の航空機はイランへの乗り入れを停止
していた為、日本人だけが取り残されてしまった・・・。

何とか日本人を脱出させるべく日本政府も思案するも、打つ手立てが
無いまま、時間だけが過ぎていった・・・。
自衛隊機やJAL機の派遣も検討されたが、イランイラク両国の安全
の保障が得られなければ飛ばせない・・・。イラクからの返答は
無く、タイムリミットは数時間後に迫っていた。
万策尽き、もはやこれまでか・・・と思われたその時、
爆撃の音が響き渡る中、2機のトルコ航空機がテヘランのメヘラバート空港
へと降り立った・・・。
そして、約300名の日本人全員を救出。
2機目がイランを後にしたのは、タイムリミットのわずか1時間程前だったという・・・。

トルコが危険を冒してまで2機の救援機を派遣し、日本人を救った
背景には、エルトゥールル号遭難事件の日本への恩返しという思いが
あったと言われています。

そしてもっと驚いたのは、この時まだ多くのトルコ人がイランに残されていた
にも関わらず、日本人の救出を優先させた事。そして、それに対しての非難が
起らなかったこと。多くのトルコ人がそうする事を当然と思っていた為だと言います。
(その他のトルコ人は陸路でイランを脱出したそうです)

また日本政府の正式な依頼があった訳ではないのに、トルコが特別機を派遣するに
至ったのには主に2つのルートがあったからだと言われています。

一つは、当時のトルコ在駐の伊藤忠商事の森永氏がトルコのオザル首相に直接依頼をした
と言われています。2人は『パジャマともだち』(パジャマで行きかう程の
親しい間柄)で、長年の信頼関係がありました。
もう一つは、イランに駐在する野村大使が、同じくイラン駐在のトルコのビルセル大使に
依頼したルート。2人は同じ日に着任して、『双子の兄弟』と言われる程の
仲でした。そしてビルセル大使が本国に救出を訴えました。
そんな深い信頼と友好の関係があったからこそ、トルコは命懸けで日本人の
救出に向かってくれたのです。

私達日本人は、あまりトルコの事に詳しくありません。
こういった友好の歴史を日本でも多くの人に知って貰えたら、
トルコの人達をもっと身近に感じられるのではないかな~と
思います。

トルコ8日間の旅・・・次回は、最終章です。


【おまけの動画】
NHKのプロジェクトXという番組で、
この事件を扱っていましたので、
動画を張り付けておきます。
興味のある方は見てみてください。↓クリック。
プロジェクトX 挑戦者たち「撃墜予告 テヘラン発 最終フライトに急げ」
プロジェクトX 挑戦者たち「撃墜予告 テヘラン発 最終フライトに急げ」[アメーバビジョン]
[PR]
by mielog | 2010-08-24 22:14 | トルコ旅行 | Comments(0)

トルコ8日間の旅 番外編 2

『トルコ人と日本人はもともと中央アジアをルーツとする同じ民族で、
仲の良い兄弟がモンゴル高原で別れ、太陽を追いかけて東に行った方は
日の丸を国旗とする日本を建国し、月を追いかけて西に行った方は
新月を国旗とするトルコを建国した・・・。』


そう信じるトルコ人は、少なく無いと言われます。

日本語とトルコ語には、よく似た単語や、
同じ文法構成を用いているという。

また、トルコ系民族タタール人は日本人とそっくりだと言われています。

しかし、実際には最初に書いた話は何の学術的根拠は無く、
どちらかと言うと否定的な見解が一般的です。

そうとは分かっても、そう思ってくれているというのは、
日本人として嬉しい気がします。

続く・・・。
[PR]
by mielog | 2010-08-24 21:43 | トルコ旅行 | Comments(0)

トルコ8日間の旅 番外編

a0104162_10575720.jpg


エルトゥールル号の遭難事件から120年目の節目の今年(2010年)は、
トルコにおける「日本年」なのだそう・・・。
両国の友好を記念し、
政府レベルでの様々な事業やイベントが企画されています。
また、日本からも皇族の方をはじめ、政府の要人もトルコを訪問しています。

さて、このエルトゥールル号事件とは?

明治23年、オスマン帝国(現在のトルコ)皇帝アブドゥルハミト2世は、日本へ
親善使節団を派遣。軍艦エルトゥールル号で横浜港に入港した司令官オスマン・パシャ
率いる一行は 明治天皇に謁見、約3か月の滞在後 日本を後にする・・・。
しかし、折からの台風に見舞われ 和歌山県串本沖で座礁し、沈没してしまいます。
これを知った地元の村民は、自らの体温で冷え切ったトルコ人乗組員を温めるなど、
献身的に看病をし、600名あまりの犠牲者が出たものの、69名の尊い命を救ったのです。
村人は貧しい境遇にも関わらず、衣服や食糧、それが無くなると自分達が非常食として
飼っていたニワトリさえも与えました。
この事態を知った明治天皇は大変心を痛められ、すぐさま医師や看護婦を派遣すると
共に、生還した乗組員達を日本の軍艦で、無事イスタンブールに送り届けられたのです。
この遭難事件を知った人々から多くの義捐金が集まり、トルコへと送られたそうです。
この事件は、オスマン帝国に衝撃を与え、日本人の人々の献身的な尽力が伝えられ、
日本に対して好印象を与え、友好関係の礎となりました。
そして、今年はちょうど120年目にあたります。

そしてこの友好エピソードには後日談があります。
続く・・・。
[PR]
by mielog | 2010-08-22 11:43 | トルコ旅行 | Comments(5)

残暑お見舞い 夏バラギャラリー Part2

土曜日、実家にお米やお野菜を貰いに
行ってきました。いつも両方の実家に助けられている
私達です。ありがとう・・・。

行く時は、もちろんアール先生も一緒。
実家のティッピちゃんは、アールと仲良く出来ないものの、
以前の山菜採りでグッと距離が縮まってからは、
うぅ~と言われなくなりました。大進歩。

夕方行ったので、川遊びはできませんでしたが、
私の父におやつをいっぱい貰いご機嫌で帰ってきたアール先生でした。

昨日に続いて、お庭で咲いた夏バラたち。↓
a0104162_10424376.jpg
a0104162_10425584.jpg
a0104162_10431021.jpga0104162_10432045.jpg
a0104162_10433195.jpg
a0104162_10434461.jpga0104162_10435554.jpg
a0104162_1044775.jpg
a0104162_10442437.jpga0104162_10443614.jpg
a0104162_10444598.jpg
a0104162_10445763.jpg
a0104162_104592.jpg


a0104162_10452514.jpg

[PR]
by mielog | 2010-08-22 10:52 | バラ&ガーデン | Comments(0)

残暑お見舞い 夏バラギャラリー Part1

猛暑まっただ中・・・。
この暑いつまで続くのでしょうか・・・?
昼夜エアコンがフル稼働で光熱費がすごい事になってました。

早く涼しくなって貰わないと体力が持たない。

お盆の間は多少、気温が落ち着いていた為、
小さい花が沢山咲いてました。

でも、バラゾウムシが発生。
暑い間、抑えられていた害虫や病気が、涼しくなると
出てきてしまうのは困りもの。

a0104162_10113589.jpg
a0104162_107347.jpg
a0104162_107947.jpg
a0104162_1071889.jpga0104162_1072699.jpg
a0104162_1073566.jpg
a0104162_1074217.jpga0104162_1075076.jpg
a0104162_1075779.jpg
a0104162_108576.jpga0104162_1081524.jpg
a0104162_1082296.jpg
a0104162_1082973.jpga0104162_1083757.jpg
a0104162_1084446.jpg
a0104162_1091641.jpg
[PR]
by mielog | 2010-08-21 10:17 | バラ&ガーデン | Comments(0)

日帰りバスツアー 第2弾 京都嵐山・高雄編

先日のミステリーツアー(行き先 長野県)に続いて
13日にも日帰りバスツアーに参加。
今回は、同じ会社で働く外国人(フィリピンとベトナムの方達)を連れての、
京都旅行です。
『よくばり大満喫 京都”夏”物語』と銘打たれたこのツアーは、
お漬物屋さんと、八ツ橋専門店への立ち寄りを含め、嵐山での昼食と散策、
高雄での川床カフェと散策 を楽しむ日帰り 3,980円というもの。

日本に来ていても、なかなか日本国内を旅したり、日本文化を体験する機会は
少ないのです。私は海外に行った時、その国の人に色々と良くして貰い、
その国が大好きになって帰ってきます。

ですから、私も日本を訪れる外国の人達に、もっと日本の事を知って貰い、
好きになって帰って貰いたいと思っています。

そんな中で、安くお手軽なツアーがあったので、皆で申し込んだ次第です。

フィリピンから来てる人の多くは、向こうの大学を卒業し、一旦現地で就職
するなどして、エンジニアとして来日してる人が多く、皆さん 建築デザイン
の仕事をしてたり、プログラマーの仕事をしてたり・・・と割とそれなりの
人が多くいます。そして割と自分たちで色々旅行にも出かけたりしているので、
たまに私がその段取り(旅行会社への申し込など)のお手伝いをします。
ベトナムから来てる人達は、研修生制度を利用して、3年間働きにきています。
その収入のほとんどは、自分で使わず自国へ持って帰ります。
その為、旅行などの機会は少ないのです。

残念ながら会社の中にも、アジア諸国の方達を最初から見下して、馬鹿にした様な
事をいう上司や同僚もいます。未だに発展途上国だと思ってるのでしょうか・・・?!
未だに外国人が日本はちょんまげを結って、刀挿して歩いてると思ってるのを
同様に、多くの日本人もまた、東南アジアの国の人が後進的だと勘違いしてるようです。
でも、実際には私達日本人の若者と変わらず、端末やi podなどを持ち歩いています。
計算も出来ますし、母国語以外の言語も勉強しています。
私達日本がアジア諸国に追い抜かれ、彼らの国に出稼ぎに行く日が
そう遠くない未来にやってくるのかもしれません・・・。

さて、心配したお盆での高速渋滞には全く遭遇せず、スムーズに京都へ。
最初に 西本願寺前にあるお漬物専門店に寄りました。
お漬物パーティーと呼ばれるその試食スタイルは、初めにおしゃれな紙皿と
箸を渡され、好きなお漬物をお皿に載せて、お茶・お水、白ワイン飲み放題
と一緒に頂く・・・というもの。
みんなで、白ワインで乾杯しながら試食を頂きました。
ちなみに、やはり同じアジア人。漬物をおいしいと言っていました。
そして、奈良漬けが一番美味しいと言って、大きいのを購入してました。
街の中はかなり混雑していましたが、無事嵐山に到着。
a0104162_10202414.jpg

早速お昼ご飯を頂きました。畳の部屋にあがり、超和食の夏の涼盛り込み膳を
頂きました。皆ここでも、豆腐を美味しい~と良って残さず食べていました。
デザートにはわらび餅も出て、結構お腹いっぱいに・・・。
その後、各自で嵐山の散策に出かけました。
バスガイドさんに、英語の嵐山マップをお願いしておいたのですが、
食事処にも無く、結局 駅まで行ってインフォメーションで英語の
マップを貰いました。こんなに外国人が沢山いるんだから、お土産物屋にも
常設しとけばいいのに~と思いました。
a0104162_10203564.jpg

私はベトナムの子4人を、色々なお店を回りながら連れていきました。
色々質問されるのですが、意外に答えられないものですね・・・。
もっと日本の事を勉強しなければ~恥ずかしいなと思いました。
a0104162_10205258.jpg

天竜寺を過ぎ、野宮神社へ。ここの苔に大感動して、
『中に入りたい!!中に入りたい!!』と・・・。
思いっきり立ち入り禁止の柵がある中に、入りたいとしきりに言ってました。
ベトナムには苔生えてないのかしら!?
a0104162_1021080.jpg

↑私は、彼女たちが可愛くて仕方ありません。
残念ながら、会社は彼女達に色々してあげるのを快く思いません。
『何かあっても会社の責任じゃないと念を押して』とか、『色々してあげると
甘える…』などなど。なんか、呆れる・・・。
a0104162_10211048.jpg

竹林もキレイでした~。小京都ミステリーで良く出てくるシーンですね!!(笑)
a0104162_10212010.jpg

その後、高雄に移動。ここでは川床カフェでお茶(飲み物は選べます)が出ました。
私たちはオレンジジュースを。
そして、散策。みんなで神護寺まで登ることに・・・。
でも、この暑さの中350段の階段はまじでキツかった。
昇った先でやっと見えた門↑
その後、拝観料を払い中へ・・・。広くて、歴史のあるお寺でした。
外国の方も手を合わせてお祈りをしていました。
その後、かわら投げをして厄を落としてきました(笑)
a0104162_10212889.jpg

↑フィリピン人のAさん。日本人の旦那さまと結婚して長年日本に居るけど、
京都は初めて・・・だとか・・・。旦那、連れてってやれよ~!!

その後、八つ橋専門店でお買いものをし、無事帰途に就きました。
暑さにバテた京都旅行でしたが、外国の人達はとっても楽しかったと
喜んでいました。 何より、何より。
そして、日本の伝統的な物や、食べ物などにも興味を持って、
敬意を持ってくれています。お寺なども本当に興味深々に見て回り、
感心する程に、手を合わせお参りをしていました。
私にとっても、違った角度(外国人目線)から日本を見られて良い旅行でした。

次はどこへ行こうかな~!!
[PR]
by mielog | 2010-08-16 11:08 | 旅行 | Comments(6)

日帰りバスツアー

昨日、母と2人で日帰りバスツアーに参加しました。
7日間限定での「ミステリーツアー」という事で、若干のヒントだけ与えられ、
詳細など行き先不明だったのですが、
向かった先は、予想していた場所とはちょっと違ってました。
こういうのも有りで面白いかも?!
a0104162_12322535.jpg

スキー場「ヘブンスそのはら」ゴンドラに乗りました。
残念ながら、雨模様で周りの景色は真っ白~。
a0104162_12323528.jpg

でも、上に上がったら色々なお花が綺麗にさいていて感動しました。
a0104162_12324476.jpg

a0104162_12325337.jpg

ユリもまだまだキレイに咲いてましたよ。
a0104162_1233879.jpg

お花でデザインされた花壇も。
a0104162_12331658.jpg

ここでは、かき氷が出されました。↑マンゴー味をチョイス。
a0104162_12332441.jpg

↑ラビットハウスなるものがあって、うさぎとふれあえます。
みんな可愛くて人懐っこいうさぎさんです。
a0104162_12351049.jpg

リフトの下も花のじゅうたんでした。
a0104162_12334041.jpg

お昼ごはん。そばはおかわり自由だったのですが、イマイチでしたねぇ~。
a0104162_12335295.jpg

この旅行で一番良かったもの。↑
ももの食べ放題。冷たいももを好きなだけ食べ放題。
ジューシーで甘~い桃を”贅沢食い”させて頂きました。
4~5個分食べたかも?!

その後、お菓子の城や水引工芸店などめぐり、色々なお菓子なんかも
食べ、夕方帰ってきました。
高速道路の渋滞も全く無かったし、
結構楽しめました。

また機会があれば行きたいな~と思っています。
[PR]
by mielog | 2010-08-12 12:47 | 旅行 | Comments(4)

犬 猫 うさぎと暮らす、みーにより徒然なるままに書き綴られたブログ。お庭のバラも紹介しています。


by mielog
プロフィールを見る
画像一覧