「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久々のガウガウ

a0104162_22344422.jpg

↑見て、このななちゃんの笑顔。楽しそう~。思わず笑ってしまう1枚です。

25日に大学病院で診察を受け、無事卒業してきました。
今回は良い結果が分かっての診察だったせいか、若くてキレイな女医先生は
始終笑顔で明るかったそうです。
アールも久しぶりに先生に会えてうれしかったようで、
お目目を診るため先生のお顔が近づいた途端、ベロ~ンと舐めて、
『ちゃんと捕まえててくださいね~』と言われてしまったそう。

二次診察専門だからの数字でしょうが、先生からは
「腫瘍で良い結果が出るのは30%くらいです。運が良かったね~」と
言われたそうです。
腫瘍摘出手術による目の変形なども一切なく、綺麗に治っているとのことでした。
そして、「寿命を全うしてくださいね~」と言って下さったそうです。

とても綺麗な先生だったらしく、もう病院に行かなくていいのは嬉しいけど、
なぜか寂しく帰途についた男2人組でした。

そんなアールの回復を知ってか知らずが、
朝のお散歩から帰るとななちゃんがお庭にやってきました。
a0104162_2235745.jpg

こうやって遊ぶのもホントに久しぶり。
嬉しいななちゃんです。
a0104162_22351345.jpg

アールも楽しいね♪
a0104162_22352390.jpg

土日は気温が低かったけどお日様が照っていたので、お庭仕事をしました。
旦那さまがバラの剪定と植え替えを。
私は家の中の家事をしながら、時々助手。
a0104162_22352860.jpg

他の助手達は・・・
a0104162_22354059.jpg

全然手伝えませんね~。遊んでばかりです。
a0104162_22354491.jpg

↑ボール投げて!のポーズ。
a0104162_22355432.jpg

a0104162_22355834.jpg

a0104162_2236654.jpg

今回バラもちょっと移植して植える場所を変えたりしてみました。
その様子はまた別途アップします。
[PR]
by mielog | 2012-01-30 22:50 | アール | Comments(4)

とっても 鼻 がきくのです。

ももちゃんが、何やらゴソゴソと棚をあさっています。
a0104162_1920645.jpg
a0104162_19201289.jpg
a0104162_19202245.jpg
a0104162_19202880.jpg

ウサギ用のおやつビスケットがお気に入り。
a0104162_19203585.jpg

うさぎってとっても嗅覚が鋭いのです。
ちょっとした匂いも嗅ぎ分けます。
うさぎは甘党と言われますが、ももちゃんも例にもれず甘い匂いに弱い。

もちろん人間用のものは与えませんが、私達が甘い物などを食べてると
遠くから走ってきます。
特にカステラやケーキなどの砂糖系は私達の膝によじ登り横取りしようとします。

旦那さまの飲み干したコーラの缶の呑み口をペロペロ舐めたり・・・と
甘い匂いに弱いのです。
a0104162_19204182.jpg

ぱくっとキャロットをアールも欲しがるのでいつもももちゃんと一緒に
あげてます。
a0104162_19204862.jpg

さて、傷跡の方ですが全然目立たなくなりました。
今日は久々にお庭で走ってシャンプーをしました。
a0104162_19205657.jpg

来週末、お天気だったら、ななちゃんとガウガウ出来そうだね。

そうそう、今シーズンは全然雪が降らず有難いのですが
もうバラの新芽が動き出して、芽がでてるのもありました。
今日旦那さまが冬剪定をしてくれましたが、
今年も成長が速そうです。

そろそろ、庭の様子も少しずつアップして行きます。
[PR]
by mielog | 2012-01-22 19:30 | もも | Comments(6)

良性のマイボーム腺腫

本日、旦那様が大学病院に電話をして病理検査の結果を尋ねた
ところ、
『良性のマイボーム腺腫』で、既に全摘しているので
全く問題ないとのことでした。

来週、予定通り診察を受け、そこで術創の確認をして終了との
ことでした。

ご心配下さった皆様、ありがとうございました。

本当にほっとしました。

アールのデキモノと同じ症状をネットで探し、
私達なりにも「マイボームじゃない?!」と言って
いたのですが、そこは似た様なものでも悪性のものもあるし、
素人では判断がつきませんでした。

瞼などにできるデキモノは、その95%は良性と聞きます。

今回は思わぬ多額の出費でしたが、
検査を受けられて良かったと思いました。
5歳を迎えたアール先生。
これからもどうか健康で長生きしてくださいね。
[PR]
by mielog | 2012-01-19 22:22 | アール | Comments(4)

経過 1週間後

瞼のデキモノの切除から1週間。
悪い知らせはまだ届きません。

結果は2週間後と言われてはいますが、
大抵の場合、1週間もあればある程度の結果が出ている
だろうと思っているので、1週間経った今日も何も連絡が
ないのは良い結果なのかと期待しています。

悪い知らせは届きませんが、嬉しい便りが届きました。♪
a0104162_2171221.jpg

アールのお里のうみちゃんからです。
アールのパパ(スープ)、ママ(バニラ)、同胎の(ピース、まりも)の写真が
プリントされたクッションカバーと、アールの体調を気にしての
ミネラルなど。愛情いっぱいの贈り物が届きました。
これまた同胎のchar*ちゃん家にも贈られたとのことで、
家族みんな、クッションで繋がっています。
アールもこのクッションでお里を思い出すかな??
でも、何だかもったいなくて使えない・・・・。

いつもこうしてアールの事を思って下さって
本当に感謝しています。

お里からの元気パワーも貰ったアール先生の様子は
a0104162_2171774.jpg

早くも毛が伸びてきて、傷口も目立たなくなってきました。
糸が少し出ていましたが、昨日自然にポロリと取れました。
a0104162_2172396.jpg

今日、久々にラッキー君に会いました。
冬の間は一緒にお散歩に行けませんでしたが、
もう少ししたら一緒に行こうねと約束してきました。

名前の通り、彼がLuck(幸運)を運んで来てくれた気がしました。

色々な人に気にかけて頂いて、感謝です。

早く、来週の診察を終えて元気に遊べるといいね。
[PR]
by mielog | 2012-01-18 21:16 | アール | Comments(4)

経過 3日目。

今日のアールの様子。
処置当日から、カラー着用と言われながらも全く
痒がったり、患部を気にしたり・・・というのがありませんでした。
a0104162_22522265.jpg

2ヶ月ほどで同化する糸で縫われています。
デキモノは、まつ毛より内側に出来ていたので、傷口がどうなるか
とても心配していましたが、とってもキレイな状態で違和感なく、
ぱっと見、どこ?と聞いてしまう程目立ちません。
処置の際、一応まつ毛もちょっとカットされてます。
目の周りは剃毛されています。
a0104162_22522825.jpg

お留守番中の昼間と夜寝ている間だけカラー装着です。
これまた、嫌がったりもせず嵌めてくれているので安心です。
a0104162_22523594.jpg

先日アールの瞼のデキモノが大きくなる以前、
お散歩中、犬連れの人が声をかけてくださいました。
「子犬の頃から知ってるよ・・・」と。
散歩ルートと途中、住宅が集まった1角にあるお宅の方(だと思う)
数年前まで確か、ゴールデンを3頭くらい見かけてた様でしたが、
どうやら1頭だけになってしまったようです。代わりにジャックが何頭が
仲間入りしていました。
その方が、
「ゴールデンは腫瘍が出来やすいから・・・」とお話されました。
私が、「どうすれば良いでしょう??」と尋ねると、
「早く、見つけてあげること!! これだけ。」とおっしゃいました。
そして、どこの動物病院が良い・・・などと世間話を少しして別れました。

確かに、どこに行ってもそれは言われます。
獣医さんも。

期せずして今回アールは、全身のCT検査を血液検査を受けることになりました。
結果、全く異常なし。現時点では何も出来ていない。(仮に瞼が悪性腫瘍であっても
転移はない)
仮にもしも、デキモノが悪い奴だったとしても、今なら充分戦える。
でもそうでないと信じてはいます。

a0104162_22524120.jpg


まだちょっと痛々しい感じではありますが、
全くもって元気そのもの。しばらくお庭での疾走やななちゃんとのガウガウが禁止
され、力有り余り気味です。

もう少しして傷が治ったらまたガウガウしようね。

春はもうすぐそこです。
[PR]
by mielog | 2012-01-13 23:09 | アール | Comments(4)

大学病院で受診&処置

今日、旦那様がお仕事を休みアールを大学病院に連れて
行ってくれました。
私も行きたかったのですが、別の日にまた行く必要が出てきたら
旦那様も続けて休めないので、その時は私が行けるようにと
控えに回りました。

病院は個人病院ではないので、そのままブログに公開します。

こちらは2次診療専門です。ですので、直接行っても診てもらえない
そうです。(最近そうなったらしい・・・)
予め、近くの動物病院などで診てもらって、そこから紹介と
いう形で受診できます。
高度な医療設備などが整っている代わりに、術後のケアや入院
などは、普段お世話になっている動物病院でケアを受ける事に
なります。

予約は朝の9時半。

近くの病院でのカルテや事細かな情報は既に大学病院に行って
いるので、改めて細かい説明をしなくてもよいのが良いです。

先生も沢山いらっしゃったそうです。
アールは、若くて美人の女医先生が担当だったそうです。

アールにとってもは願ったり叶ったり。尻尾をブンブンふって喜んで
いたそうです。
「検査しましょう~ね~」と預けられた時も、旦那様を振りかえる事なく
喜んで女医さんについてスタコラサッサと行ってしまったとのこと。(汗)

処置は、
①血液検査
②病片の切除&形成処置
③CT検査
切除した病片は病理検査にまわしてもらいます。

CT検査は腫瘍が悪性だった場合にしましょうか?との
お話だったのですが、折角麻酔をするので、一度に済ませようと
今回お願いをしました。

11時ごろから処置を始めて、1時過ぎにはお迎えに来て下さいの電話が
ありました。短期間で手際よく処置されたと思います。

迎えに行った旦那さまは、アールのあまりの元気の良さに
驚いたそうです。麻酔の後遺症は全くなく、元気に飛びついて
出てきたそうです。簡単に旦那様に挨拶すると、これまたすぐ
女医先生の方に行ってしまったらしい・・・。(汗汗)

兎に角、血液検査の結果は問題なし。少しコレステロールが高いとの
事でしたが、全く異常はありませんでした。
CT検査の結果も全く異常なし。
「肺もお腹もキレイですね~」と言って頂いたそうです。
筋肉も普通以上との事で今のところ悪い所は見当たりませんでした。

心配した切除部分も、思ったよりキレイでした。
a0104162_209110.jpg
a0104162_209763.jpg

目の形の変形を心配しましたが、パッチリお目目のままで良かった。
a0104162_2091418.jpg

しばらくは、エリザベスカラー生活です。

飲み薬や塗り薬は処方されませんでした。

次回また25日に受診する事になっています。

それまでには、病理検査の結果も出るとのこと。
ただし、もし検査が悪い方向に出だしたら、その段階ですぐ
連絡が入る事になっています。
ですから、知らせが無いのは良い知らせ・・・という事で
何もなく25日を迎えられるのを祈るばかりです。

もし万が一、腫瘍が悪性だった場合、
今回の倍ほどの組織を切り取り、その後の処置を検討するとのことでした。
そうならない事を願います。

まだまだ今日は通過点。
アールの腫瘍が良性だったとハッキリするまでは
一喜一憂しないようにと自分達に言い聞かせています。

でも、今はとりあえず切除が無事に済み、
麻酔の後遺症もなく元気にしていることに一安心です。

また経過をブログにアップしていきます。
[PR]
by mielog | 2012-01-11 20:18 | アール

初詣

年始から1週間が過ぎましたが、
遅ればせながら 初詣に行ってきました。
a0104162_1611094.jpg

実家近くの谷汲山華厳寺。
旦那さまとアールと母とでお参りに。

まあまあの人出でしたが、やはり昔に比べると寂れた感ありあり。
なんか門前のお店が元気ないんですよ、やる気がない・・・というか。
そこそこ露店も出てたのでお正月ぽかったのですが、
地元としてはもう少し観光を頑張ってほしいものです。

この年末から、体を壊したり色々良くない事があったので、
アールの瞼のデキモノも悪いものでありませんよ~にと
お祈りしてきました。
本当はご祈祷してもらおうと思いましたが、やはり犬は無理でしょうね・・・。
(聞いてはないけど)
人出も多かったし、祈祷は辞めました。

代わりに、お札やら、アール用のお守りやらなんやら沢山買っちゃった。

普段あまり信仰心の低い私ですが、
今回ばかりは神頼みというか、仏様頼みというか、
そういうのにすがりたい思いです。

今年は良い年でありますように・・・。

a0104162_1611621.jpg

↑実家のティッピちゃん。
14歳になって、ちょっとボケが入って来てしまいました。
家族にとっては寂しい事です。
でも、ちゃんと家族が帰ってくると喜ぶし、耳も遠い感じですがちゃんと
聞こえてます。ごはんも食べますし、排泄も自分で外に行ってちゃんと
出来ます。徘徊して家族を心配させていますが、
高齢犬にしては上出来です。ちゃんとしています。

a0104162_1612264.jpg


動きはスローになってきましたが、
もう少し長生きして家族と一緒に居てほしいと思います。
[PR]
by mielog | 2012-01-09 16:11 | アール | Comments(4)

心配な年明け

あけましておめでとうございます。
早いものでお正月気分もそろそろ抜かないと・・・ダメですね。

我が家は、元日の昼から旦那様の実家に行き
連泊してゆっくりさせて貰ってきました。
おいしいものを食べ、ほとんど動くことなく、まったりとしたお正月でした。

ただ二つの心配事を除いて。
それはアールと私の体調不良。
年明け早々、2人とも病院通いとなりましたが、
幸い私の方が落ち着き、もう大丈夫なのですが、
アール先生がちょっと心配な状況です。

というのは、去年の12月。
アールの左目まぶたに小さなイボを見つけました。
最初本当に小さなイボでものもらいだと思っていたのですが、
だんだん大きくなり、近所の動物病院に行きました。
そこで、抗生物質と炎症止めの塗り薬を処方して貰ったのですが、
これが一向に良くならず・・・。

写真は↓。 ちょっと気持ち悪いので苦手な方はスルー下さい。


























a0104162_158199.jpg
a0104162_1582579.jpg


再び、同じ病院を受診しました。
腫瘍でほぼ間違いないのですが、どんな腫瘍か・・・。良性か悪性か。
もちろん、組織を病理検査に回さないとはっきりと分かりません。
だけど、腫瘍・・・ということだけで、もう心配で心配で・・・。

その病院で切除手術をする事は可能なのですが、
先生からの提案で、この辺りでは腫瘍科が有名な
岐阜大学病院で見て貰う事となり、紹介状を書いて貰い予約を取って頂きました。

簡単な切除手術と言っても、場所が場所だけに全身麻酔になるでしょうし、
術後しばらく一人でお留守番させるもの本当に心配です。

どうか、悪い腫瘍でありませんように・・・。

来週水曜日に大学病院で見て貰う予定です。
[PR]
by mielog | 2012-01-05 15:16 | アール | Comments(4)

犬 猫 うさぎと暮らす、みーにより徒然なるままに書き綴られたブログ。お庭のバラも紹介しています。


by mielog
プロフィールを見る
画像一覧